トップ / 専門の医師に関する問題

専門の医師に関する問題

医師の負担の軽減

研修

専門の医師がいる病院

専門の医師がいる病院は多くの患者がそこに偏るために、医師がスムーズに日々の業務を行えないといった問題が発生しました。昨今、多くの病院では専門医に診てもらいたい時は事前に予約で日程を確保するか、地域のかかりつけ医からの紹介状の持参といったルールを設け、病院や専門医の負担の軽減に努めています。しかし、それでも毎日多くの人々が病院を訪れ治療を受けようとしています。その人物がいない所でも治療や診察を受ける事は可能です。しかし、ステータスや肩書に弱い多くの人が混雑を承知の上でその病院にやってきます。専門のその人ばかりに任せるとその人の心身がしんどくなり、休職や退職という道を選択するおそれがあります。このような状況になると患者に安定したサービスを提供する事が出来ないので注意が必要です。患者も医師の権威や実績よりも問題のある箇所をなおす事に力を注いだ方が良いです。そうすれば専門の人の疲労は緩和されます。

専門医における患者との問題点

専門医とは、医師の中でも診療科や分野において高度な知識・技術・経験をもつ者を指す。多くは学会発表など分野ごとでの症例発表や研究成果や研修に参加する事で認められます。患者側の視点からでは、専門医の存在は専門的で高度な治療を受けられる点として医師を探す際に良き指標となります。例えば糖尿病の治療を行う際に、心療内科での治療より糖尿病専門医の方がより最新の薬や治療法を選択できる可能性が高まります。しかし医師からの視点では診療報酬や給与への変化がない事・習得に研究や症例発表・研修参加などの努力が必要な点もあり、認定を受けるメリットがないと感じている人も多くいます。2025年には後期高齢者が増加する問題もある中、専門的な治療や最先端の技術を使用する事は多くの患者さんの力になる事です。反面、治療を行う側からはメリットが少ない点もあり、目指す者があまりいないのも現状です。今後は制度や診療報酬や給与などが改訂が必要と言われています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が新たな知識を得るためには. All rights reserved.