トップ / 医師がもらっている給料

医師がもらっている給料

医師の年収に関して

研修

医師の年収の開業と勤務の差

医師に、開業医と勤務医があります。開業医で年収平均2700万円、勤務医で平均で1400万円となっており、開業医と勤務医では倍に近い開きがあります。しかし開業医にも勤務医にもメリットデメリットは当然あります。開業医は、勤務医と比較して収入は高いですが、その分リスクがあります。それは経営努力をしないとだめです。この2700万円があくまでも平均ですので、儲かっていない医師もいるわけです。そして開業するまでの準備資金が必要です。いまでは最低約1億円は必要と言われていますが、最初からすべて借金でまかなうことも可能ですが、リスクが伴います。勤務医は、開業医よりも年収も低く、その勤務形態も開業医と比較して長く不規則なこともありますが、サラリーマンと同じなので医療の営業することなく、勤務していれば給与は支給されますし、社会保険にも加入しますので、将来厚生年金も貰えたり、あるいは失業したときの失業給付もありますので安定的ではあります。

知っておきたい平均年収

医師の年収は、長年トップレベルの学習をし医学部に入学、大学入学後6年間学んだ後、国家試験を受験し合格すれば2年間の研修医を勤めやっと一人前とされる世界で誰もがなれるわけではなく環境も恵まれなければ難しい点もあります。仕事内容も人の命にもかかわり、人の病を快方に導く非常に専門性の高い仕事なので、他業種に比べても医師の年収の高さは有名であります。研修医の期間でも約400万円程は一年で稼いでいます。すでに一般サラリーマンがもらう一年目、二年目の比ではありません。これが一人前になるとさらに金額は跳ね上がります。25~29歳の男性ですでに625万円程の年収で30~34歳だと956万円、35~39歳で1225万円と年間1000万円を超えてしまいます。更に年数を重ねるごとに増加し60~64歳に至っては1867万円まで上がります。勤務先の規模で多少変わりますが、平均1238万円という高い給与となります。時間外労働も多い激務ではありますが、人を助ける仕事で見返りも高く安定してる魅力のある仕事であります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が新たな知識を得るためには. All rights reserved.