トップ / 医師の人数不足に関して

医師の人数不足に関して

医師の仕事の問題

研修

医師は多忙で忙しいです

地域の中心となる中核病院などは毎日多くの患者が来ます。それらの患者を診るために医師は連日多忙を極めます。一人の患者を5分で診察しても一時間12人しか診ることができません。病院のドクターの数と来院する患者数を割った人だけ診なければなりません。患者が多いと言っても病院に来た人に診察ができないと言って帰ってもらうわけにはいきません。そのため医師は多忙を極めます。病院の宿命とも言えるものです。人手が足りないと言っても容易に増やすことができないのが現状です。

多忙な医師の生活のスタイル

多忙な生活を送っている医師は、国内に多くいることが分かっており、リフレッシュの方法をきちんと覚えることで、仕事へのモチベーションを高めることが期待されます。例えば、24時間にわたる対応が必要な病院やクリニックでは、医師の仕事内容が広範囲に及ぶことがあるため、様々な職種のスタッフからのサポートを受けることが大事です。また、様々な事情から、多忙な状況から抜け出したい場合には、転職を検討することも勧められます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が新たな知識を得るためには. All rights reserved.