トップ / 医師が提供する医療サービス

医師が提供する医療サービス

医師の人材不足は

研修

昨今の医師不足の問題

昨今、医師不足が深刻的な社会問題になっています。しかし、実際には都市部には多くいますが、離島山間地域等では深刻な人材不足に悩まされています。都市部にかたよる事によって開業医として勤務をスタートさせても安定した経営を行う事が出来ず苦しんでいるケースが増えています。過密地区では生き残りが非常に難しくなっています。また特定の科で医師が不足するという問題にも直面しています。このような不安定な状況が続き安定的な医療サービスを受ける事が出来ない人々が数多く存在するようになりました。このような人材が足りない状況は激務で十分に心身を休める事が出来ない等が要因となって発生しています。偏りが生じるのは都市部の方がインフラが整備され、スムーズに新しい知識、技術、情報を手にする事が出来るからです。このような状況を改善するためには医療機関、行政、地域住民が連携し、多くの人々のニーズに合った医療機関を設置する事です。

医療関係の人材不足は深刻

日本の医師不足は深刻です。他国と比べても明らかに師の数が足りないことがわかっています。それは1983年ごろから過剰がとりざたされるようになり、1986年には医学部定員の10パーセント削減が行われるようになりました。さらに追い打ちをかけたのが新臨床研修制度です。今までは特定の大学病院のみの研修しかできなかったのですが、一般の民間病院でも研修ができるようになりました。そのため、地方の大学病院や小さな病院には医師が敬遠する結果になりました。都道府県によってもかなり差があるのが現状です。さらに産婦人科医や小児科医はその激務ぶりによりなり手が不足しています。特に24時間いつよびだされるかわからない産婦人科医の数は減る一方です。少子化により、産婦人科医が裁判を起こされるケースも増えており事態はますます深刻になっています。産婦人科をとりやめた病院やクリニックも増えています。結婚で退職した女性医師の待遇改善や医学部定員の増加が望まれます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が新たな知識を得るためには. All rights reserved.