トップ / 医師のなる事情について

医師のなる事情について

医師になるための行動

研修

学生が医師になる割合は

医師になりたいと考え実際に行動に移す人の割合は、年度ごとの事情によって変化しています。世界的に重大な事件が起こり負傷者が多かったり未知のウイルスが猛威を振るった年度であれば、人命を救いたいと考えて必要な知識を学ぼうとする人は多くなります。他方、世界情勢に何も変化がなくいたって平和な年度は志願者数が減少傾向にあります。どちらにしても、人助けを目的として医師になりたいと考える人の割合は一定の水準を保っています。

女性医師の割合が多いのは眼科

どうせ診て貰うなら、できれば美人女医さんがいいな。と思う男性諸君もいるでしょう。女性医師の割合が多いの産婦人科かなと思っている人も多いようですが、実は眼科です。2010年の厚労省の調査によると、全体の届け出数は29万5049名、そのうち女性は5万5897名と約18.9%でした。診療科別の女医さんの割合は、眼科が36.5%とトップで、次いで皮膚科22.7%で、産婦人科は20.4%でした。しかし病院勤務の医師が多いので、近所の開業医で女医さんでしかも美人となると、なかなか出会えないようです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が新たな知識を得るためには. All rights reserved.