トップ / 医師の人材問題が浮き彫り

医師の人材問題が浮き彫り

医師が多い科と少ない科

研修

飽和状態にある医師について

一部の地域や診療科では医師の数が飽和状態にあります。結果、安定的に医療サービスを受ける事が出来る地域とそうではない地域が生まれ、医療サービスを受ける事が出来ない地域の人々は不公平感を感じています。また、心身の負担が少ない科では多くの医師が集まり飽和状態になっています。人材が不足している地域や診療科に優先的にドクターをまかなう等のシステムを構築しなければ現状の問題は解消出来ないです。人材が余っている科では経営に苦しむ人間が多いです。

医師の飽和の問題について

都市部の医療機関においては、医師の数が飽和状態にあると言われており、良好な環境で働きたいときには、きちんと就業先の特徴を見極めることが大事です。また、人数が飽和している問題については、雑誌やネット上でたびたび取り上げられることがあり、それぞれの医療機関の現状を把握することが望まれます。そして、近い将来に転職を検討している場合には、医師としてのスキルアップの方法を早いうちから勉強しておくことが勧められます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が新たな知識を得るためには. All rights reserved.