トップ / 専門的な勉強をした医師

専門的な勉強をした医師

信頼度の高い医師

研修

専門医と一般的な医師との違い

医学部を卒業、国家試験に合格し研修医としての実務経験を踏み、医師となります。中には専門荷を取得する方も多くいます。この専門医は、専門的な学会での認定が必要で、資格を取るために学会それぞれが設けている必要な経験知識があり、専門医として認められなければなりません。いわば、国家資格を取得後も専門的な分野においての研鑚を積んでいるということになります。病院を選択する際に、このような資格を医師が有しているのかも信頼度の一つとなることでしょう。

専門医の医師は絶対必要

医師に診察してもらってもわからない場合、専門医に診察してもらうとより安心です。一見どちらでも良いと思いがちですが、病気にもかかりやすい病気と稀な病気が存在します。稀な病気まで把握するのは、とても大変な事です。そのためイメージしやすいのは、広く浅い知識があるのは医師で、狭く深い知識があるのは専門医と分けて考えると良いでしょう。お互いがフォローし合っている関係なので、片方だけでは成立しません。このような連携は欠かせない事なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が新たな知識を得るためには. All rights reserved.